コンテントヘッダー

8.30川内原発再稼働反対国会前抗議行動

「8.30川内原発再稼働反対」8月最後の国会前抗議行動は先日の与党内からの不届きな発言に怒りを感じ、自主的に集まった多数の市民の声で満たされた。大きい声はいけないなどと理不尽なことを言われれば、さらに声を挙げたくなるのが人情だ。http://youtu.be/gRXH2zfF6_w
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

6.28 さよなら原発 再稼働阻止 大行動

雨の中、原発再稼働の流れを阻止すべく、全国より結集した面々の熱き視線と、心からの訴え。やがて強かった雨も皆の声に押され、静かになり、整然としかし心意気高く、町中に反原発の音が木霊していった。さよなら原発6.28 明治公園https://www.youtube.com/watch?v=wmy9Msohe3Y
このページのトップへ
コンテントヘッダー

3.09 NO NUKES 反原発 統一大行動

3.09 反原発 大統一行動 <日比谷公園>


 福島第一原発事故からまる3年を迎えようとしている3月9日。依然として収束の兆しを見せぬ事故現場の情況に、不安と怒りを感じつつ、何としても日本の原発を廃炉に追い込み、ゆがんだエネルギー政策をかえようとする、善良なる市民は、熱い意志を持って全国からここ日比谷公園に結集した。日比谷野音は定刻前に入りきれない程の参加者でいっぱいになり、互いに連帯を呼びかけ、デモや抗議行動へとエネルギッシュに声をあげ続けた。政府はこのような圧倒的な市民の脱原発の声に、ひたすら聞かない振りをを決め込み、一目散に「再稼働」の道をばく進しようと焦っている。このような国民運動は正面から政府に「no!」の意志を突きつけるものでおあり、危険な方向に力づくで進もうとする安部政権に対し強力に自制を求める、貴重な行動であると言える。集う参加者はいろいろな年代や所属、地域から不特定にここを目指してやって来た人々だ.「必ずしも若くない」人達も多数やってきた。「自分の残りの人生を」再稼働に対して黙認するわけにはいかないのだ。止むに止まれず足を運んできた人々の、絞り出すような叫びは、いつの日かきっと実をを結ぶ日がくるであろう。一人一人の目に声に、そう確信させる意志の強さを感じさせる集会となった。
3.09反原発大統一行動
このページのトップへ
このページのトップへ